くだらない学

くだらない学とは?

大辞林によるとくだらないの定義は以下の様に定義されています。

くだらない【下らない】
問題にするだけの内容や価値がない。とるに足りない。つまらない。

くだらない研究所では、この定義から見直します。これを踏まえ、くだらないとされる価値がないものに価値を創造するための
技術を研究します。これらの成果がくだらない学です。つまりくだらない学とは、無価値から価値の創造を行うことをテーマにした学問です。

くだらない学は主に3つのカテゴリで構成されます。

分類論

くだらないとは何か?の答えを定義し、明確化するための分類を
研究する分野です。

生産論

くだらないを生み出すにはどうするか?の答えを開発し、効率的に生産することを研究する分野です。

超越論

無価値の壁を超越し、価値のあるくだらないにするためにはどうするか?の答えを体系化し、より高い価値を発生させることを研究する高度な分野です。

Free WordPress Theme