コンテンツ

くだらない研究所の成果物であるコンテンツについて説明します。ブログの1カテゴリをまとめた文章もあります。

くだらない学

くだらない学は、無価値である「くだらない」に価値を創造する学問です。くだらないの定義を検討する「分類論」、くだらないを生産するための技術を開発する「生産論」、くだらないの無価値の壁を越えて価値あるものにする研究である「超越論」に分かれます。

くだらない挑戦

意識は無意識から、それこそ無意識に湧き出されます。 「くだらない」は意識の根元、無意識側の思考です。ならば、無意識の中身は「くだらない」の宝庫ではないか?と仮定できます。この仮定の通りならば、「くだらない」生産の革命となるでしょう。そのため、「くだらない」の源泉である無意識へのアクセスを試みます。

くだらない小説

映画・テレビ番組・アニメ・漫画などのコンテンツの源泉は、脚本・原作などの文章であることが多いです。逆に、くだらない文章があれば、くだらないコンテンツを作ることも可能となります。くだらない文章の一つとして実験的にくだらない小説を作成していくことで、くだらない文章の技術を熟成させます。この技術をコンテンツの源泉とすることで、くだらないを多くのメディアのコンテンツへ爆発的に発展させます。

WordPress主题